カテゴリー: Uncategorized

目が悪くなる原因、遺伝は関係ある?

なんだか目が見えづらい。黒板の文字が見えない…。
子供の視力低下は、近年問題視されています。

なんと、中学生の約半数近くが視力の矯正が必要なほど、
目が悪くなっているようです。

親の目が悪いと、子供も目が悪くなりやすい!というイメージが
ありますが、子供の目が悪くなる原因は、
やはり遺伝なのでしょうか?

コンタクトやメガネなどで、視力を矯正することもできますが、
やはり一番快適なのは裸眼で、すっきりと見えることです。

目が悪くなる原因が遺伝だとしても、
何か注意できることがあるのでしょうか?

今回この記事では、そのような点について、
調べてまとめてみました。

子供の視力が悪くならないように予防してあげたい!
自分の目が悪いので、遺伝しないか心配、という親の皆さんは、
是非参考にしてみてください。

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

◎目が悪くなる原因は、遺伝なのか?

○必ずしも遺伝するわけではない

実は、目が悪くなる原因は遺伝するのかどうか?ということは、
今でもはっきりと明らかになっているわけではありません。

しかし、実際に目が悪いことが多い家系や、親が二人とも
目が悪いと子供目が悪くなりやすいということはありますよね。

親から子供には様々なことが遺伝していきますが、
必ずしもその遺伝が、遺伝子的な話ではないことも多いんです。

実は、生活習慣の遺伝により、
体の様々な特徴が遺伝すると言われています。

身長が高くなるかどうか?も、実は遺伝子的な問題ではなく
毎日の生活習慣が似てくるためだと言われています。

・生活習慣の遺伝

環境や生活習慣が似てくるため、
目が悪くなる原因は遺伝だと言われています。

姿勢の悪さや食生活、スマートフォンなどの
電子機器の使用時間など、目が悪くなる原因に関係した
毎日の習慣が影響しています。

◎遺伝に関係なく行える対策

子供の頃から目が悪くならないためにも、そして大人になっても
視力をキープするために、
親はどんなことに注意できるのでしょうか?

親の目が悪いからといって、必ずしも子供にも
遺伝してしまうわけではありません。

むしろ、遺伝を心配するよりも、目に良い生活習慣を
続けることの方が重要です。

また、幼いうちであれば、一度視力が低下したように思えても、
アイトレーニングなどにより、目の筋肉の働きを回復させると、
視力が回復する場合もあります。

Categories: Uncategorized Tags: タグ: ,